2024-02

Uncategorized

介護で仕事をしている外国人の話

20代の外国人女性が介護業界での経験を通じて成長した話。工場勤務から介護職へ転職し、最初は不安だったが、技術と日本語能力の向上、初任者研修・実務者研修を受けることで、利用者さんとのコミュニケーションや介護技法に対する理解が深まり、2年目にはセプターの役職を任されるまでに。彼女の物語は、仕事の相性、センス、能力を超えて、情熱と学びの重要性を示している。